2011年10月05日

復帰報告!

しばらくのご無沙汰でしたが、まだしぶとく生きております。
引越し後のネット環境が整ったので、まずは報告がてらの記事です。
----------------------------------------------------------
8月の26日にお台場のフェリー乗り場から門司港に向けて出発した。
引越しの家具類が長崎に着く日が8月28日ということで、それに合わせ
愛車を乗せた2泊3日の孤独な船旅である。(妻は飛行機で先に行った)
image.jpg
雨の降りしきる夕暮れの埠頭から船に乗り込む時、寂しくて涙が出そうになった。
もう二度と住むことも無い東京の灯りが航跡の後ろでどんどん小さくなって行く。
頭の中でボズ・スキャッグスのフェイド・イン・トゥー・ライトの歌声が流れた。
平日で台風が近づいていることもあり、2等船室は自分一人だけの個室みたいだった。
image2.jpg
元々が博多の生まれではあるが、人生の大半を東京・横浜で過ごした自分にとって
すでに故郷は名前だけのものになっていた。
長崎を終の棲家に選んだのには様々な理由がある。
例え会社に定年まで残ったとしても、取るべき行動は同じだったろう。
会社が傾き、それが少しだけ早まっただけのことだ。
長崎(佐世保市)ではドール作家兼クラフターである妻と小さな店をやることにした。
作品やアンティーク系の雑貨と、JAZZを聴かせるカフェを併設する形になる。
うまく行くかどうかは神のみぞ知るといったところだろう。
失敗した時のことも考え、ドットコムマスターの資格を取り、
インターネット協会が認定するインターネット利用アドバイザーの称号も取得した。
筆記に論文に面接試験+プロジェクターを使った論文の発表というハードなものだった。
九州でこの称号を使える認定者は自分を含めてまだ二人しかいない。
コンピューター関連の専門学校で講師をやっていた経験のある自分は人前で話すことに
慣れているため、自治体や教育委員会を通じてセミナーを開催することも
選択肢の一つにしている。
C型肝炎のSVRが継続しているかどうかの検査も長崎の病院で受けることになった。
これからは人生最後のチャレンジを別なブログ(多分アメブロ)で綴って行こうと思う。
決まったらここで報告したいと思います。
「おまけ」
まだリフォームする前の我が家の玄関横の窓(笑)。
image5.jpg
posted by マリオ at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

しぶとく生きる!

このくそ暑い時期に引越しの準備に追われている。
C型肝炎の治療中なら体力的にも精神的にもきっとくじけてしまったに違いない。
還暦を過ぎた自分がこの不景気な時期に会社を辞めてしまうのは自殺行為にも等しいだろう。
しかし、肝炎治療がSVRとなった時期と会社の経営が極端に悪化した時期が重なったことは自分にとって不幸中の幸いと言える。
健康でありさえすれば、そして精神が折れてしまわなければ、道は開けるだろう。
先の日記にも書いたように、老後と呼ぶにはまだ早い。
傾いた船で右往左往するより、小舟でも荒波にこぎ出す道を自分は選んだ。
それもこれもC型肝炎との闘いに勝利したからこそ可能なことと言える。
治してくれて有難う…お世話になった病院の先生方に今は感謝の気持ちで一杯だ。
もちろん、副作用に苦しむ自分を励まし、支え続けてくれた妻に一番感謝している。
自分にはまだやるべきことが残っている。
これからは冗談抜きで命がけの闘いをしなければならない。
ということで、次のブログタイトルは「おきあがりこぼし」に決めた。
では、引越し先のインターネット環境が整うまでしばし休止に入ります。
posted by マリオ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

船出はもう間近

早いものでペグリバ終了から8カ月が経ち、5月10日のSVRから1ヶ月以上が過ぎた。
次に病院へ行くのは11月で、事前に採血とエコー検査をしなければならない。
ただ、夏以降の診察は他の病院になってしまうだろう。
諸事情により、東京を離れてしまうことになったからだ。(九州にトンズラ)
老後と呼ぶには少し早いが、人生における最後の夢に向って大きく舵を切った。
これで下手すりゃホームレスだ。(笑)
C型肝炎の治療をする前は心のどこかで人生を諦めていたように思う。
治療しても治るかどうか…しかし、放置すれば最悪の結果が待っているだけだ。
成功するかどうかも分からぬ副作用だらけの治療だったが、幸運にもSVRとなり、この人生もう少し頑張ってみるか…そんな気持ちになった。
船出はもう間近だ。
出港したらこの港には二度と戻れない。
っていうか、出港する前に沈没するかも…もうやだ〜(悲しい顔)
運良くどこかの島に辿り着いたら新しいブログを始めよう。
その名も…ぼろ家との闘い?いや極貧との闘いか?
この年になって一からの再出発か…いかにも自分らしい気もするが…
ああ、叶うことならライヴハウスのオーナーになりたい!(あほ×2)
posted by マリオ at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

住宅ローンも組めぬ体?

来年は公私ともに激動の年となるだろう…みたいなことを去年の日記に書いたが、まさに大変な年となってしまった。(個人的にも大変な状況で更新が滞っている)
さて、C型肝炎治療でめでたくSVRとなったものの、前の記事でも書いたように意識としては未だ患者のままである。
当然のことC型肝炎に関するサイトには関心があり、今でも積極的に情報を得るようにしている。
ということで、先日、IFN治療を受けてSVRとなった人のブログを訪問した。
治療を終えて10年経過し、ずっと陰性を保っている状況ならば完治といった表現をしてもいいだろうと思うが、ここまで来るとウイルスがどうこうではなく、やはり癌検診の意味合いが強いようだ。
何年経過しようとエコーや血液検査の結果に緊張している様子が伝わって来た。
話は変わり、ひょんなことから銀行の住宅ローンで利用される団体信用生命保険について概要を知る機会があった。
この生命保険に加入するための様々な審査基準(かなり厳しい)の中にC型肝炎に関する項目がある。
とりあえず自分は治っているのだから大丈夫かと思いきや、これがダメなのである。
「SVRとなって3年が経過していること…」が条件なのだ。
言い換えればSVRになっても3年間は信用しません!ということらしい。
ふ〜〜ん、ま、貧乏人の自分にゃどうでもいいことだけど。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マリオ at 10:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

SVR後の意識(1)

C型肝炎との闘いが一段落したところで気持ち的にはかなり落ち着いているが、意識は前回の日記にも書いたように未だ患者のままだ。※半年後には再び検査が待っている
極めて低いパーセンテージであろうと再燃の可能性だってあるわけで、再燃せずとも長年ウイルスに侵されていた肝臓には癌のリスクが残されている。
これは定期検査の必要性を医師から説明された時の内容であり、決して自分が心配し過ぎているということではない。
これから治療を受ける人、または治療中の人たちにとって嫌な記事かも知れないが、(ペグリバ治療に成功=これで安心)ということではないのだ。
著効を得られたことでリスクそのものは大幅に低減された…自分はそのようにとらえている。
そういった意味ではC型肝炎患者という意識が完全に無くなる日は来ない。(自分は)
前回の日記とほぼ似たような内容になってしまったが、SVRとなって逆に新薬に関する記事などに敏感になったような気がするのはなぜ?ドコモ提供
以下は医師によるブログだが、C型肝炎患者には非常に参考になるだろう。
ある程度の予備知識が無いと理解するのに苦労するだろうが、ブックマークしておきたいページだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ebisudani2000/2094457.html
posted by マリオ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。