2012年05月29日

多忙+他ブログ+ツイッター+フェイスブック(^^;

そんなこんなでこちらは再燃でもしない限り更新する記事がありません。
ただ、3剤併用のC型肝炎治療にはまだまだ問題(重篤な副作用)が多いように聞きました。
SVRとなっても肝臓癌の発症率は思ったより高いようです。
定期的な検査を怠らないようにしなければなりません。
以前の記事にも書きましたように、SVRとなっても肝炎との闘いは死ぬまで続くのでしょう。
ペグリバ治療を終えて1年以上が過ぎましたが、治療中のつらさは生涯忘れられるものではありません。
そういった意味では、このブログには治療中の自分の全て(精神的なことを含め)が綴られており、
書くことが無くなっても消す気にはなれないのです。
一人でも多くの患者さんがSVRとなり、多少のリスクは背負っても健康を取り戻されますよう
お祈りします。
posted by マリオ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

あけましてオメデトウございます。

ほとんどパソコンに向かう時間がなく、新年のご挨拶も遅れてしまいました。
現在C型肝炎と闘っているいる皆さま、どうか今年もくじけることなく頑張って下さい。
SVRを勝ち取った皆さまも定期的な検査を受け、肝臓の状態に注視して参りましょう。
まだまだ忙しい日々が続いており、なかなか更新もままならない状態ですが、まだこのブログは沈没しておりません。
どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。手(チョキ)
posted by マリオ at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

心の栄養

まだ別ブログには着手してないため、今回もC型肝炎とは無関係な内容だ。
佐世保に転居した理由や会社を辞めて自営の道を選んだ経緯など、自分の人生そのものが終盤(年齢的に)に近づいていることを考えればまさにラストステージであることは間違いない。
立ち上げ予定の別ブログではそういったことを中心に綴って行きたいと思う。
------------------------------------------------
さて、前回の日記でも書いたように自分は音楽が大好きで、ジャンルには全くこだわらない。
自分でも少しは楽器を触る。←単にギターを40年持っているだけという噂もあるが…
若いころはフォーク&ロックを中心に聴いていたが、40歳くらいからJAZZが中心だ。
もちろん、「青春デンデケデケデケ」の世界を自ら演じていた時期もある。
というわけで、BEATLESを中心にロックを語らせたら少しはウルサイものの、JAZZは聴くだけで余り詳しくない。
東京を離れる際に寂しく思ったのは、一流ミュージシャンのライブに不自由のない環境から遠ざかってしまうことだった。(大好きだったブルーノートなど)
だから佐世保に来て10月9日にアルカス佐世保で行われた「SUNSET JAZZ FESTIVAL」に行った時は自分の中で何かが生き返ったような気がした。←大袈裟ではない!

アルカス佐世保正面上のイベント看板↓(以下の画像は全て拡大表示されます)
img_05.jpg

初めて食べた佐世保バーガー(ジャズフェス仕様)↓
img_06.jpg

会場前の広場で営業していたミニクーパー改造の移動コーヒー屋↓
img_07.jpg

NORA、土岐英史、ASA、野呂一生、マリーンなど多数が出演し、それぞれ素晴らしかったけれど、土岐英史さん率いるメンバーの演奏に深く感動した。
前述の通り、JAZZ系はほとんど海外の有名ミュージシャンしか自分は知らない。
土岐英史…??どっかで聞いた名前だけど、ハテ??←恥ずかしながらそんな程度の知識しかない
演奏が素晴らしかっただけに会場で売られているCDを購入して後から思い出した。
彼の名はJAZZで知っていたのではなく、山下達郎のアルバムで頻繁に見かけていた名前だった。
コンサート会場でCDにメンバー全員のサインもらったのは今回が初めて↓
img_08.jpg

【ASA】は不思議な魅力を持った歌手で、妻も絶賛している。(機会があれば是非ライヴを観て欲しい)
サルサ好きな自分には【NORA】の参加も嬉しかった…が、PAの設定ミス?で鼓膜が破れるかと思うほどの大音量に途中から耳をふさいでしまったのが残念だった。
【野呂一生】…自分にとってカシオペアは懐かしいバンドの一つで、今回は若手ギタリスト二人とのジャムセッションの感が強かったが、ギター弾きにとっては楽しいステージだった。
最後に登場した【マリーン】の歌声とステージに立つプロとしての姿勢は一流の名に恥じない。
あまり好みの歌手じゃなかったけど、少し好きになったかな?(笑)
音楽のことを書きだすときりがなくなるので、この辺で…ドコモポイント
posted by マリオ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

大忙しの毎日

早いもので長崎に引っ越してから4カ月になろうとしている。
まだ慣れない土地のため、しばらくは近所に買い物に出かけても自力では家にさえ戻れない状況だったが、最近では一人で動ける行動半径もいくらか広くなった。
とはいってもせいぜいスーパーやコンビニ、ホームセンターくらいのもので、道を一本間違えれば速攻でカーナビの世話になるしかない。(泣笑)
家のリフォームや店の準備に追われる日々で、まだC型肝炎に関するSVR後の一年検診を受ける病院さえ決まってない。
SVRの認定?をする期間が半年から一年に伸びるかも知れないと過去記事でも書いたが、どうやら実施され始めたらしい。(病院によって異なるのかも知れないが…)
ということは、次の検査で陰性が確認されて初めて自分はSVRだと思った方がいいのかも知れない。
嫌だなぁ…次の検査で再びドキドキするのか…(T_T)
ということで、気分を切り替え長崎で始めた暮らしについての話題を少しということで、まずは中古で買った家のリフォームについて。

(1)真っ青な空と我が家の庭木の赤い実がきれい。(家の実物は画像で見るよりボロ!)
img_01.jpg

(2)リフォームで天井をひっぺがす作業してる大工さん。
img_02.jpg

(3)地元の骨董屋で見つけた古き良き時代(昭和初期?)のチャップリンで、JAZZ系のBGMを流すカフェに飾る予定です。
img_03.jpg

次回は佐世保で行われたジャズ・フェスティバルに行った時のことを!
※6時間に及ぶイベントで、久しぶりに充実した時間を過ごすことが出来ました。
posted by マリオ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

惜別

悲しいニュースが飛び込んできた。
ジョーちゃん(柳ジョージ氏)が他界してしまった。
某音楽アレンジャー兼プロデューサーの友人を介していくらか面識もあり、
年齢も一緒…こよなくギターを愛し続けて来た自分にとっては仲間を失った悲しみに
今は言葉もない。もうやだ〜(悲しい顔)
横浜が彼の故郷であり、自分の心も横浜が故郷だ。
本牧、ゴールデンカップス、本当に懐かしい。
イギリスでの武者修行の話をもう一度聞かせて欲しかった。
フェンスの向こうに行ってしまったんだね。
夢を、そして素敵な音楽をいっぱい、、、有難う、ジョーちゃん。
「a Change is gonna come」を胸に僕はもう一頑張りする。
http://www.youtube.com/watch?v=0zFO2lSN-vk
posted by マリオ at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。