2011年05月13日

治療をふりかえって

3回目の最終効果判定でSVR(ウイルス学的著効)となってから3日が過ぎた。
ここまで来るのに一年半かかった。※それでも1bとしては最短
最初はC型肝炎に関する知識など皆無で、放置していればやがて肝硬変〜癌になるといったくらいの知識しかなかった。
ウイルスにも型があり、自分が治りにくいタイプであることやC型肝炎治療の実態を知るにつれ、「治らないかも…」そうやって途中からどんどん不安になって行ったのを思い出す。
治療を開始して4週程度で陰性になっても、医者の「劇的な反応…」という嬉しい発言を耳にしても悪条件の揃っている自分は不安を払拭できなかった。
治療を終えて1回目の効果判定では期間が短いこともあり、さほど気にはしていなかった。
2回目の効果判定では陰性であること+肝機能を示す検査結果が重要であり、かなり緊張した。
陰性で肝機能も改善しているのを見て、ここで初めてSVRの可能性を意識し始めた。
3回目の効果判定の前日は眠れないかと思っていたが、意外にもあっさりと夢の中へ…
むしろ病院に向う電車の中が最も緊張していたように思う。
そんなこんなで「C型肝炎との闘い」にはひとまず勝利したことになる。
治療の経過から見て再燃の可能性はかなり低いでしょう…と医者は言う。
だが、一度でもC型肝炎に感染した者に枕を高くして寝れる日など来ない。
だから「ひとまず」としか書けないのだ。
ひとまずでもなんでもSVRになったのだから素直に喜べばいいのだろうが、そうさせない暗雲(病ではない)が頭上にたちこめ始めた。
これで次のテーマは決まったようなものだ。
その名も「貧乏との闘い」←この闘いだけには参加したくなかった。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マリオ at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら、おめでとうございます。
10日の記事を読ませて頂いて、思わず涙ぐんでしまいました。
本当に、長く辛い治療を良い結果で終える事が出来て良かったですね!
私はまだまだこれから、先が長いですが
マリオ様のように明るい未来があると信じて頑張ります。

これからますます、お元気で毎日過ごされる事を祈っております。
Posted by 杏. at 2011年05月13日 18:27
> 杏さま
有り難いコメントをいただき、感謝いたします。
前にも書きましたが、自分が治療中の時も他の方がSVRとなった報告が本当に我が事のように嬉しかったです。
もっと嬉しいのは他の方が後に続いてSVRを勝ち取られることだと今は思います。
まだしばらくは大変な日々だと思われますが、どうぞくじけることなく頑張っていただきたく思います。m(__)m
Posted by マリオ at 2011年05月14日 06:07
ウイルスが消えたのですね。よかったですー。再発の心配はついていくでしょうが可能性はかなり低いですから定期検査の通院だけ忘れずにあとは元気いっぱい好きなことをしている自分をイメージしていってください。それが貧乏から満たされる生活への転換にもつながりますからー。
常に自分の心とからだを褒めてあげてください。すごいことを成し遂げてくれていますから。
Posted by Kawanishi at 2011年05月15日 06:23
> Kawanishiさま
ご訪問ならびにお祝いのコメントを有難うございます。
肝炎患者のために様々な活動をされているKawanishi先生のブログは何度となく拝見し、また勉強させていただいておりました。
「自分の心と体を褒めて…」
免疫力を高める意味でも先生のお言葉、肝に銘じます。
重ねて有難うございました。
Posted by マリオ at 2011年05月15日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200797599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。