2011年03月18日

二次被災者

3月11日(金)の地震が起きた当日は帰宅難民となり、かなり大変な思いをした。
月曜日からは計画停電ということで、こちらもまた電車通勤のサラリーマンにとっては苦難の連続である。
今日はちゃんと電車が動いているだろうか?
電車の運行状況は深夜か早朝にTVを見るしか知る手だてが無いため、6時半起床の生活を5時半に変更し、会社では帰りの電車が動いているかどうかを心配しながらの日々になってしまった。
昨日はいきなり大規模停電が実施されるということで利用している駅(渋谷)は大パニック…
電車は小さな子供なら命の危険さえあるほど気違いじみた混雑状況だ。
そんな思いをして帰宅しても停電していれば風呂にさえ入れないし、ローソクの灯りがロマンチックだなどと言ってる場合ではない。
疲労の原因はそれだけではない、福島原発の状態によっては東京と言えども決して安全圏ではなくなってしまうと思うからだ。
寝ている時以外は常に原発の様子を気にしているといっても過言ではない。
我が家では非常時の東京脱出に備えて考えつく限りの準備までした。
被災した現地の人たちの苦しみに比べればこんな苦労など微々たるものかも知れない。
だが、東京に住む自分たちもまた間接的ながら被災者の一人だと思う。
こんなことがいつまで続くのか…肉体的にも精神的にもかなり追い詰められている。
posted by マリオ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191270955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。