2011年03月10日

非インターフェロン治療の可能性

月別の過去ログを見てて気がついたのだが、2009年11月から2010年7月までは月に2ケタの記事を書いているのに、それ以降11月まで1ケタしか書いてない。
36週目までくらいは何とか頑張っていたものの以降は息切れしてしまった感じだ。(笑)
治療を終えた11月くらいから再び記事が増え始め、体調が戻ってしまった後は書くことも無くなり、再び減少…この数字の変化を見るだけで治療中の様々なことが思い出される。
ということで、最近ではC型肝炎についての情報(主に医療系サイトから)を見ては日記に反映させている。
C型肝炎の治療は現在もペグリバが主流であり、プロテアーゼ阻害剤を加えた3剤治療になっても基本は今と大差ないようである。
話は違うが、飲み薬だけで副作用も少なく、期間も短い治療なんて夢のまた夢だろうなぁ…
などと思っていたら、実はそうでもなさそうな雰囲気の記事を見つけた。
↓再び早坂先生とこ(新規経口抗HCV薬2剤併用による非インターフェロン治療が有望)ドコモポイント
http://hayasaka.livedoor.biz/archives/51724045.html
posted by マリオ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189931224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。