2011年02月24日

治療の効果予測

C型肝炎の治癒率については医療関係のサイトで概要だけは見ることが出来る。
注意しなければならないのは、それがいつ頃のデータなのかだ。
それを確認せずガッカリした経験があるからだ。(ペグリバが主流になる以前のデータだった)
ということで、C型肝炎に限らず医療技術の進歩は目ざましい。
最近ではC型肝炎の治療を始める前にある程度の効果予測がつくらしいのだ。
人の遺伝子検査で(IL-28B)という遺伝子を調べ、次にウイルスのコアタンパクと呼ばれる70番目の変異を調べる。
人の遺伝子がTT(何の略かは知らない)ならば治りやすく、それ以外なら難治ということ。
ウイルスは70番目の変異が無ければ治り易く、有れば難治タイプということになるらしい。
要するに人遺伝子のIL-28BがTTで、ウイルスの70番目の変異が無ければ著効になりやすいということのようだ。※ばんばんさんとこから仕入れた情報
しかし、こういった専門的なことを医者に質問する患者がいるだろうか?
というか、自分のように経過観察中の患者が今さら知ってどうなるものでもない。
知りたい気もするが…(-_-;

「追加」平成23年3月3日
治療の効果予測は人のIL-28B遺伝子とウイルスコア70番の変異を検査するだけで十分ということではなく、患者によって異なる様々な条件(年齢やウィルスの量)なども有意性に影響があるとのこと。
posted by マリオ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。