2010年11月22日

2010年11月22日

肝炎治療中は会社から帰るとほとんど寝たきり状態だったように思う。
体を動かすのがおっくうで、それは思考回路も同様であった。
何もせず、何も考えないで静かに横になっていたい…何よりも体がそれを望んだ。
必要に迫られない限りは外出もせず、極端な言い方をすれば中年の引きこもりである。
おまけに副作用で不眠症になり、自分でも鬱症状が出ていることを途中から感じていた。
ずっとそんな状態だったが、治療を終えて3週目を過ぎた頃から変化が起きたように感じる。
まず食欲が戻り、腹が出るのを防ぐために運動(主に腹筋)をするようになった。
体を疲れさせることでよく眠れるようになり、眠れば頭も働いてくれる。
ずっと放置状態だったホームページのリニューアルを始めただけでも大きな進歩だろう。
仕方ないと言えばそれまでだが、治療中の一年は治療と仕事以外の時間を全て捨ててしまったような気さえする。(自分は)
それをどう取り返すかが今後の課題であろう。
妻が買ってくれたミズノの「じつは腹筋君」なかなかのすぐれものである。

少し元気になったところで、親父のちょっと不思議な話を更新しました。
http://mario7.net/mystery/mystery.php
posted by マリオ at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
治療後・・三週間にて心身ともに回復の兆しがあるとのこと…とても参考になりました。

私は…2月初めには治療が終了し、半日勤務ではありますが3月より仕事復帰が待っております。
寝て過ごすことが多い私の身体は、ママチャリ通勤に耐えられるのか?(笑)
そして…IFN治療では、今だに副作用に翻弄される毎日ですが、ボチボチと進んでおります。

また…奥様との二人三脚の生活がとても微笑ましく感じております。

追伸〜不思議な話…私はあると思いますよー。
   私も、経験しましたから…。。。
Posted by おばさん at 2010年11月23日 13:40
> おばさん様
いつもご訪問いただき、有難うございます。
2月で治療が終了とのこと、もう少しですね♪
治療中のダメージが回復を始める期間については副作用と同じでかなり個人差があると思われます。
おそらくですが、薬を飲まなくなることで最初に感じる変化は食欲のような気がします。
強い薬を朝夕2回ずっと飲み続けてきたのですから当然のことかも知れません。
不思議な話はまだありますので、更新を楽しみにして下さい。
Posted by マリオ at 2010年11月24日 13:47
治験始めてまだ2週目です。自己注射と3種の飲み薬です。いまのところ体調になんの変化もなく食欲もあり元気一杯です。薬、効いてないんかしら?なんて。
またお邪魔させていただきます。
Posted by 猪八戒 at 2011年02月04日 02:56
> 猪八戒さま
ご訪問&コメントを有難うございます。
グログ拝見しましたが、カナザにお住まいとのこと、医療に関する事情も日本とは異なっているように感じました。
副作用を感じておられないとは羨ましい限りです。
今後とも宜しく!
Posted by マリオ at 2011年02月04日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。