2010年10月28日

2010年10月27日

今朝はベッドから出るなり部屋の寒さに驚いてしまった。
秋をすっ飛ばし、いきなり初冬の気温だ。
さて、昨日で1年に及ぶ肝炎治療を終え、何となく気が楽になったような気がする。
その半面、通い慣れた病院に行かなくなることが少しだけ寂しい。
リバビリンは来週の頭まで飲むが、それ以降もしばらくは朝夕の食後に薬を探す自分の様子が目に浮かぶ。(笑)
というわけで、「C型肝炎との闘い」の今後は副作用の改善をどのくらいの期間で実感し始めたかなどを記したいと思っている。
今の自分が最も気になるのは本人も自覚している(うつ症状)だ。
小遣いが貯まって欲しいデジタル一眼レフだって買えるのに全くその気が起きない。
外出が嫌で買っても放置状態になるのが目に見えているからだ。
こんな状態が改善されない限り他も何一つとして先へ進まないだろう。
前に肝炎治療の置き土産といった表現をする人を見かけたが、自分にとって最も厄介な置き土産である。
posted by マリオ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167472571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。