2010年08月05日

2010年08月5日

IFNを打った翌日の午後から体調が悪くなるのが自分のパターンだった。
初期はやはり37度台の熱が出ており、それが2ヶ月くらい続いただろうか…
次第に体が慣れたらしく、20週を過ぎた辺りくらいから気にもならなくなっていた。
ところが、そろそろ40週を迎える後期になって再びこの症状が出ているのだが、初期の頃とは少し様子が違う。
後頭部(首筋)に妙な違和感があり、首を動かしての洗顔中にグキッといった感じで目から火花が出るほどの鈍痛に襲われることがある。
治療前には全く経験したことの無い症状で、これもまた副作用の一種であろう。
担当医に言えば頭の輪切り(スキャン)やりましょうと言うのは間違いない。
食欲が無いと言えば胃カメラ…咳が出ると言えばレントゲン…
理にはかなっているだろうが、カモにされているような変な気分である。(T_T)
posted by マリオ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158548269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。