2010年07月23日

2010年07月23日

地球温暖化の影響かどうか知らないが、こんな猛暑は久しぶりだろう。
ということで、猛暑とC型肝炎治療の副作用について考えてみた。
ただでさえ不眠症気味なのに暑くて寝苦しいのではダブルパンチだ。
体中に出る痒い湿疹に汗は禁物で、食欲が無い上に猛暑と来れば痩せる一方だろう。
しかも抜け毛で髪の薄くなった頭を強い陽射しが直撃するため、電車を待つホームでは頭にハンカチ乗せている。(T_T)
夏は肝炎治療にとって最も厳しい時期だ。
posted by マリオ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。