2011年06月28日

船出はもう間近

早いものでペグリバ終了から8カ月が経ち、5月10日のSVRから1ヶ月以上が過ぎた。
次に病院へ行くのは11月で、事前に採血とエコー検査をしなければならない。
ただ、夏以降の診察は他の病院になってしまうだろう。
諸事情により、東京を離れてしまうことになったからだ。(九州にトンズラ)
老後と呼ぶには少し早いが、人生における最後の夢に向って大きく舵を切った。
これで下手すりゃホームレスだ。(笑)
C型肝炎の治療をする前は心のどこかで人生を諦めていたように思う。
治療しても治るかどうか…しかし、放置すれば最悪の結果が待っているだけだ。
成功するかどうかも分からぬ副作用だらけの治療だったが、幸運にもSVRとなり、この人生もう少し頑張ってみるか…そんな気持ちになった。
船出はもう間近だ。
出港したらこの港には二度と戻れない。
っていうか、出港する前に沈没するかも…もうやだ〜(悲しい顔)
運良くどこかの島に辿り着いたら新しいブログを始めよう。
その名も…ぼろ家との闘い?いや極貧との闘いか?
この年になって一からの再出発か…いかにも自分らしい気もするが…
ああ、叶うことならライヴハウスのオーナーになりたい!(あほ×2)
posted by マリオ at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。