2011年05月27日

SVR後の意識(1)

C型肝炎との闘いが一段落したところで気持ち的にはかなり落ち着いているが、意識は前回の日記にも書いたように未だ患者のままだ。※半年後には再び検査が待っている
極めて低いパーセンテージであろうと再燃の可能性だってあるわけで、再燃せずとも長年ウイルスに侵されていた肝臓には癌のリスクが残されている。
これは定期検査の必要性を医師から説明された時の内容であり、決して自分が心配し過ぎているということではない。
これから治療を受ける人、または治療中の人たちにとって嫌な記事かも知れないが、(ペグリバ治療に成功=これで安心)ということではないのだ。
著効を得られたことでリスクそのものは大幅に低減された…自分はそのようにとらえている。
そういった意味ではC型肝炎患者という意識が完全に無くなる日は来ない。(自分は)
前回の日記とほぼ似たような内容になってしまったが、SVRとなって逆に新薬に関する記事などに敏感になったような気がするのはなぜ?ドコモ提供
以下は医師によるブログだが、C型肝炎患者には非常に参考になるだろう。
ある程度の予備知識が無いと理解するのに苦労するだろうが、ブックマークしておきたいページだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ebisudani2000/2094457.html
posted by マリオ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。