2011年03月15日

怒りと悲しみ

前回に引き続き東日本大地震のことでどうしても書きたいと思ったことがある。
地震に津波に放射能汚染というトリプル災害を受けている被災者たちに対し、どこかの勘違い知事が「天罰…」とぬかしやがったらしい。
目の前にいたら気の短い自分は間違いなくぶん殴っている。パンチ
こんな人の心を持たぬ老害野郎が東京都の知事とは…呆れてものも言えない。
一瞬で家も家族も失った生存者の途方にくれた映像を見て胸が痛くないような者こそさっさと淘汰されるべきだろう。
問題発言といえば、前総理の鳩山は福島の原発事故に関して、半径200kmは人の住めぬ土地となる…と言ったそうな。(そうなれば経済から何から全て連鎖破綻する可能性がある)
最悪の場合チェルノブイリの二の舞となる可能性は自分も危惧しているが、今は現場で命がけの作業をしている者が多くいるのである。
そういった人々の努力を無視した鳩山の発言には怒りを覚えると同時にこんな輩が一時でも我が国の総理であったかと思うと本当に情けない。
子供を失って一日しか経っていない母親にカメラを向けて感想を求める倫理観の欠片も無いメディア連中こそまとめて津波にさらわれてしまえば良かったといえば言いすぎだろうか?
たまたま自分には身を案じる人のない地方での出来事だが、そんな自分でも何か力になりたい…
心からそう思う。
posted by マリオ at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。