2011年03月13日

無題(としか書けない)

今回ばかりはC型肝炎のことは忘れて東北地方太平洋沖地震のことを記事にする。
多くの会社員がそうであるように自分も地震が起きた時は会社のオフィスにいた。
ビルの9階(渋谷)で仕事をしていた時である。
一瞬突き上げるようなショックの後、まるで荒波にもまれる船のような揺れが2〜3分続いた。
パソコンが床に投げ出され、自分は机にしがみつくことしか出来なかった。
ビルの警備室から館内放送が流れたのは揺れがおさまってからしばらく後で、アナウンスしている係員もしどろもどろ…自動の防火扉が閉まり、暖房もエレベーターも停止したままだ。
窓から下を見ると近くのビルから蟻の群れのように人が出て来た。
高層ビルに囲まれた場所で外にいることがいかに危険であるのかまるで理解していないらしい。
携帯電話で妻へ連絡を取ろうとしたが、予想した通りまるで役に立たなかった。
普段は便利に思う携帯電話だが、こういった災害時には何の役にも立たないのである。
※ワンセグによるTV受信だけは情報収集に役に立った。
終業時間までに何度となく揺れが発生し、交通機関が全てストップしているため、自分以外の社員は全員が徒歩で帰宅の途についた。
全員を見送ったところで次は自分がどうするかを考えた。
普通の状態でもタクシーを使えば間違いなく万札が飛ぶ距離で、高速道も通行止めなら一般道路も完全に麻痺している。(こんな状況でタクシーに乗るのは金を捨てるようなもの)
会社で夜明かしするのが最も安全で得策であろう…そう考え、まずは腹ごしらえと外へ出てまた驚いた。
青山方向からぞろぞろと坂を下ってくる人の群れは途絶えることを知らず、コンビニといわず飲食店からあらゆる食品を食い尽くし、移動しているのだ。
外食どころか菓子パン一つ手に入らないことを知り、しょんぼり会社に戻って机の中を調べたらカップスープとチョコレートが残っている。(ホントに嬉しかった)
それから携帯電話とパソコンをUSBでつなぎ、ワンセグで情報集しながら一人ぽっちのディナータイム(T_T)
NHKのアナウンサーがしきりに冷静な行動を…と言っている。
帰宅難民者は無理に動かず安全な場所で待機するようにと繰り返していた。
朝まで電車が動くことは期待してなかったものの、午前2時くらいに自分が利用する電車が動き始めたことを知り、そそくさと身支度を整えて駅へ…
そんなこんなでやっとの思いで自宅に戻れたのが午前4時近くであった。
今回のことで得た教訓はあるものの、それを教訓と言える自分はまだ恵まれているだろう。
3月13日(日)現在の段階でも今回の地震が未曾有の大惨事を引き起こしたことはハッキリした。
今は亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆さんへの支援が行き届くこと、またこの国が負った深い傷が早く一日も早く癒えることを願うばかりである。
posted by マリオ at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。