2011年02月17日

C型肝炎は治らない?

今日は少し重い話を…苦手な方はスルーして下さい。
C型肝炎治療について思いがけず否定的な記事を目にすることがある。
有名な医師が「完全に肝臓からウイルスが消えることはない…」とか、「著効は一時的なもの」と言ったとか、こういった情報が事実かどうか他者に知る術は無い。(書く意図も)
仮に事実だとするなら、治療する側が治らないことを知っていながら金儲けのために患者を振り回していることになるだろう。
しかし、常識的に考えれば治療している側が「実は治らないんですよ…」などと患者に言うとは思えない。(非難されるだけで何のメリットも無い)
自分なりにこの治療で理解していることは以下の通りだ。
1、治療で効果が得られる人も得られない人もいる
2、SVRの定義は「治療終了後に半年を経過してHCV-RNA検査で陰性を維持していること」
3、半年後の効果判定でSVR(著効)となってもそれ以降に再燃する可能性はゼロではない。
4、治療を終えて陰性が継続していても肝臓癌のリスクが消えて無くなる訳ではない。
これをネガティブにとらえれば「治らない」ということに結び付くのだろうが、ウイルスの完全消失が得られなくても治療によって肝機能が改善された場合は、肝硬変や肝がんへの進行が抑えられるという。
http://www.c-kan.net/hepatitis-c/treatment/03.html
つまり、治療に失敗しても全くの骨折り損のくたびれ儲けではないということだ。
治るか治らないか…個人的な考えを述べるなら、例えウイルスが消失しなくても寿命まで肝臓がもてば良し(治る)としよう。
ということで、今日は非常に内容が重かった。←後悔
posted by マリオ at 11:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。