2010年12月06日

2010年12月6日

早いもので今年も残すところ1ヶ月をきった。
気持ちが今週の木曜日に行われる効果判定(1回目)に向けられているせいか師走といった感じが全くしない。
治療中は副作用に苦しみながらも肝臓が守られているという安心感があった。
しかし、投薬を終えた今、ウイルスの残党が潜んでいればすぐに治療した意味など無いに等しくなってしまう。(全く無意味ということではないらしいが…)
医師が有効性を認めれば2回目のペグリバ治療も助成制度も受けられるらしいが、仮に再燃という最悪の結果でも自分は再び同じ治療を受ける気は無い。
低い毒性で治癒率の高い治療法が確立されるまで、肝臓を労わりながらそちらの可能性に期待する。
なんだかなぁ…まだ結果も出てないのに妙に弱気になっている今日この頃であった。(T_T)
posted by マリオ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。