2010年06月22日

C型肝炎は贅沢病!(T_T)

今日は33回目のIFNで血液検査&診察が無い日だったため、9時前には病院を後にした。
血液検査も診察もせずにIFNが投与されるということは、それだけ安定しているということだ。
ただ、本人の感覚として体調は決して良くない。
これ以上食欲不振が続けば体力の維持が困難になるだろう。
不眠症は薬物に頼らず自力で克服した経験があるから余り心配はしていない。
そう言えばザビエル・カットを覚悟するほど酷かった抜け毛がやっと止まった。
心なしか頭皮が痒く、新芽?が出始めているようだ。
体中に出ていた痒い湿疹もステロイド系の塗薬を使うようになって治っている。
これで食欲さえ出れば治療の残り回数など気にもならなくなるだろう。
こうなったら体力維持のため最近お気に入りになった焼肉屋に通うしかない。
貧乏人にこんな贅沢を求めるような病気が悪いのだ。←ほんとか?
posted by マリオ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。