2010年06月01日

C型肝炎治療2010年6月1日

今日は予定通り30回目のIFNを注射して会社に出た。
エコー検査の結果も異常無しでSVRを維持し、安定しているようだ。
AST(GOT)・ALT(GPT)ともに18〜19だが、15万を上回っていたPLTが今回は11万を切っている。※8万くらいが治療継続の限界値らしい(-_-;
前回WBCが高めだったのは痒くて掻いた足首からばい菌が入って炎症を起こしていたのが原因らしく、今回は正常値に戻っていた。
※WBC←World Baseball Classicと読んでしまう。(笑)
今日はRBCの数値を忘れてしまったが、数値の横にLの字が有ったのだけは覚えている。
γ-GPTは55と今回もやや高めの数値だ。
ま、治療中のデータだし、医者が問題無しと判断してるものを患者が気にする必要は無いだろう。
ということで、今日はペグリバを30週続けている患者の知識で、知ったかぶり風?に書いてみたが、これから治療する人や一般の人がこれを見て理解するとは到底思えない。
少なくとも以前の自分には理解不能な記述であり、読む気さえしなかっただろう。
※医者だって補足もせずにこんな略語で話したりはしない。
自分だけは気をつけたいと思う今日この頃であった。
posted by マリオ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。