2010年05月24日

C型肝炎治療2010年5月24日

今日は天気も悪いことだし5月20日の続きを書くことにした。(脈絡なし)
自分に出ている主だった副作用はすでに書いて来たが、他にも肝炎治療の影響としか思えないものがいくつか有る。
6、味覚障害
薄味の味噌汁でも海水のように塩分を強く感じることがあったため、まさか…と思いながら調べたら自分と同じようなことを書いている治療中の人が何人もいて驚いた。
中には甘いものさえしょっぱく感じるという人もいるが、自分はそこまでひどくない。
続く訳ではないが、醤油の匂いが嫌だなぁ…と感じる日はまず味覚障害が起きている。
当然この症状が出ている時は何を食べても美味しくない。(T_T)
7、嗅覚障害
まさかと思うだろうが、こういったこともあるという参考までに書いておく。
夕食のオカズがカレイの煮つけだった日のことである。
キッチンと二階の寝室までは距離も有り、しかもそこには臭気対応の空気清浄機まで置いて24時間フル稼働させているのだ。
にもかかわらず横になると枕どころか掛け布団にまで魚の嫌な匂いがしたため、妻に確かめてもらったところ、特に変な匂いはしないという。
ただでさえ不眠症になっていた自分はその匂いまでますます眠れなくなり、窓から寝具類を投げ捨てたいほどの怒りを覚えた。(完全にヒステリー)
そう言えば電車に乗っていても他人の不快な匂い(ニンニク臭など)を強く感じていたため、調べてみたら数は少ないが同様のことを書いている人がいた。
犬も真っ青?な過敏になった嗅覚も副作用と思って間違いないだろう。
6、7、共に今は出ていない副作用だが、以降のことはまだ未知数だ。
ここまで何でも有りなら、ヒーローズ(海外ドラマ)みたいな超能力を得たいものである。(-_-;
posted by マリオ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。