2010年05月17日

C型肝炎市民公開講座(横浜市青葉区)

まだ腰痛があり、生活の全てが不自由で仕方ない。
階段の昇り降りもおっかなびっくりの状態だ。(それでも会社にはちゃんと出てる)
おまけに腰をかばってる影響から背中や脇腹まで筋肉痛になった。(T_T)
さて、2010年6月6日(日)横浜市青葉区あざみ野(東急田園都市線)駅近くにて昭和大学藤が丘病院 消化器内科 井上医師(准教授)、渡邊医師(助教授)によるC型肝炎市民公開講座が開催される。※MELONDIAあざみ野 大ホール 14:00〜16:00
どちらも肝臓疾患では名の通った医師で、どーゆーわけか共に自分の担当医だ。
で、パンフレットにはシェリングブラウ(インターフェロンを製造してる製薬会社)の名が有る。
なるほどね…とか言いながら意味深な笑みを浮かべる自分であった。(~_~メ)←こんな顔
明日は28回目のIFN注射でHCV-RNA検査の結果なども出ている日だ。
問題は無いと思うものの、この検査だけはやはり気になってしまう。
48-28=残り20週かぁ、もう嫌じゃ〜〜わしの青春かえせ〜〜〜
って…還暦を過ぎてからの治療だった。orz
posted by マリオ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。