2010年05月11日

C型肝炎治療2010年5月11日

27回目のIFNで雨の中を病院に行った。
今日から担当医師が変更になっており、ある意味気分は新鮮だ。
新しい担当医は副作用に対する質問などにも丁寧に応じてくれる。
気に入ったのは、決して癒し系?の医者ではないことだ。
自分の場合は状態が安定しているため、診察は離週でよく、毎週のIFNだけは忘れないようにとのことだった。
<<以下は会話の一部>>
医者「治療データを見る限り素晴らしい反応で、血液検査の結果にも問題は見受けられません」
自分「有難うございます」
医者「ただし、これだけはお伝えしておかなければなりません」
自分「はい」
医者「治療したからといって肝臓がんのリスクが消える訳ではありません」
自分「NHKの某番組でも先生と同じことを言ってました」
医者「ということで、定期的な肝臓の検査を受ける必要があります」
自分「理解しています」
医者「治療開始から半年過ぎてますので、次回はエコー検査受けてください」
自分「分かりました」
医者「飲み薬は切れてませんね?」
自分「来週までは大丈夫です」
医者「はい、それでは結構ですよ、お大事になさってください」
この病院で今日ほど医者に診てもらっているということを実感した日はない。
<<別な医者によるこれまでの対応>>
医者「血液検査の結果に特に問題はないね…じゃ今日も注射して帰ってください」
自分「あの…最近抜け毛が…」
医者「我慢するしかないね」←けんもほろろのぶった切り!▼▼メ
ちゃんちゃん!
時間にして1分にも満たない程度の診察?ばかりだった。
この違いって…(-_-;
posted by マリオ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。